多重債務から 借りる 脱出

お金の悩み話

お金の悩みは、いつになっても尽きる事はない。

 

自分の親はごく普通のサラリーマンで、決してお金持ちとは言えない並の家庭だが、

 

親元で暮らしていた頃には、お金の事で悩む日が来るなんて考えた事もなかった。

 

しかし親元を離れてからは、お金の事で悩んでばかりいる。なんと言う悲しい現実。

 

車のローンからはじまり、住宅ローン・・・終わらない毎月の返済たち。

 

しかしまだこれらのローンは収入と相談た上で、支払い可能と考えて借りたものなので、

 

この返済をする事によって残る少ない生活費でのやりくりは想定内のものであったのだが、

 

ガソリン代や電気代など、じわじわ上がる物の値段、そして税金。

 

これらの積み重ねで少ない生活費にひしひしと影響が出てきている。

 

税金や物の値段が上がっても、収入が比例してあがる訳ではないし、

 

もともと余裕があって組んだローンたちではないので、生活は楽ではない。

 

ではそのローンで組んでいる物を売れば良いかと言うと、決してそう言う問題ではないのだ。

 

例えば家などは売っても借金はなくならないし、売っても残ったローンを払っていく事になる。

 

その上で、どこかにアパートでも借りて家賃を払っていくなんて考えるまでもなく無理な訳で、

 

売りたくても売れない状態なのだ。

 

毎月の収入が人並みの状況で家を購入した時点で、おバカで計画性がないと言われそうだが、

 

実際このような悩みを抱えている人も少なくないのではないだろうか。

 

先日上がった消費税、大きな金額の買い物でない限りあまり影響はないかと思っていたが、

 

5%から8%になっただけで、レジでの精算で高くなったと言う実感がある。

 

たぶん近いうちに再び消費税があがるだろうし、このまま物価や税金が上がり続けると

 

この先どうなるのだろうかと想像するだけでタメ息しか出ない・・・

 

景気が良くなったと言うニュースで見かける事があるが、一般庶民にはまったく関係のない話。

 

贅沢な暮らしをしたいとは思わないけれど、お金の事で悩まなくていい暮らしをしてみたい。