ネット乞食

ネット乞食って知ってる?

生活費をここに振り込んでくださいと、三菱東京UFJ銀行や楽天銀行の支店番号や口座番号を書込む掲示板があります。
消費者金融などの金融会社からはブラックで審査が通らず、カードローンも使えない。
生活していくことが出来ないし、街金などでももうだめ。
普通なら債務整理行き決定の方が、掲示板でのお金請いをしています。
別名ネット乞食とも言われている人たちです。
常識を逸脱した行為ですが、かなり本気の方も少なくないようです。

 

なぜそんな生活になってしまったかという事は自覚もなく、滝に遊び金がなくなったとか、ゲームがほしい、携帯代を払いたいなど動機もいろいろです。
借金返済10万円支払わないと、ブラックになってしまうと言う内容もあります。
そんないい加減な掲示板はニーズがないかと思ったら、連日たくさんの新しい書込みが増えていて、ネット乞食は確実に数を増やしているといえます。

 

自分をさらけ出すという点においては、個人間融資と似ていますが、個人間融資はまずコンタクトをとってからの話しです。
しかし、既に口座番号を記載しているので、そのコンタクトなしでお金だけをゲットすることができる上、返済をしない方も多いと言われています。
書込みで返済しますとか、ツイッターで連絡くださいと言うようなコメントがあるものの、そのあたりの事情はどうなっているのか、返済しているのかなどの口コミはありません。
ある方は1000円だけ振込をしてくださいと書いてあり、毎日ポロポロと振り込まれているらしいです。
1000円も10人で1万円、支援者としては負担のない金額で、その方がありがとうとでもコメントをよこせば良いことをしたと自己満足に浸ることも出来ます。

 

金融ブラック、生活困窮者の最後の砦とも言われていますが、それは一部の方の考えであり、リスクも高いことです。
掲示板で赤の他人に支援者になってもらう、その為に自分の口座番号をさらけ出すことは決して良いことではないのです。
リスクで言えば、個人情報が知られてしまいますし、支援しているのが闇金の場合、自然と闇金と縁してしまう事になってしまいます。
あまり軽々しくはオススメ出来ませんが、自己責任でとにかく今は数万円でもないと生活が出来ない方で、これしかない思う方なら使ってみたくなるものです。

 

しかし、金融機関からの借入れが一切できない方にとっては、どうしたら良い?と思っている方、借りることより返済をどうするかを先に考えると、答えはわかるのではないですか?といいたいのですが。

関連ページ

お金を振り込んでほしいんだけど、という掲示板とサイト
ある掲示板では、銀行の普通口座の口座番号が記載して、「助けてください。ここにお金を振り込んでください」と書込みがしてあるサイトが出現しています。それも1つや2つではなく、たくさんあります。完全な個人情報ですが、自らこうしてお金が欲しいということをダイレクトに伝えているのですが、もうどんなことが起こってもいいやと見方もできます。
個人に借りる 助けてくれる人は本当に存在するのか?
個人間融資、お金支援サイトの数は増減を繰り返していますが、中には安全度が低いけれど、まだ安心というところもあります。掲示板に「◯◯円振り込んでください。口座番号はこれ」「お金がない、助けて、生活が出来ない」「病院代が不足しています。緊急に10万円の支援をお願いします」と言うように書き込んで、普通口座の支店番号と口座番号を本当に書き込んであるものもあります。ハンドルネームですが、振込の時点で本名がバレますが、毎日のように書込みがあります。ツイッターと連動しているサイトもあります。
お金がない、助けてと言うべき相手は?
お金がないと嘆く方にはさまざまな事情があります。 一番たいへんなのは、ブラックと言われる方たちです。消費者金融や銀行カードローンなどが使えるうちは、返済しながらでも借り入れができますが、そこで断られ、街金などでも借入れができないとなると、どうしようもなくなってしまいます。電気やガス、水道などは我慢するとしても家賃が払えない、携帯代の支払いができなくなってしまうことで行き場もなくなります。