生活困窮者 個人間融資 無謀な行動

生活困窮者の個人間融資は無謀な行動

最近は、生活困窮者で生活保護の受給者が増加していますが、原則的に借金ができないことになっています。

それでも、影に隠れて、街金などの審査の甘い消費者金融での借入れをしている方もいます。
見つかれば、生活保護は切られます。
しかし、まだ街金に行く方は良い方で、個人間融資の掲示板で闇金に捕まったり、ブラックリストOKのホームページでつい申込してしまう方もいます。
一応、法律では、生活保護者が借金返済をすることは禁じられています。

 

消費者金融での借入れ、返済不能、審査落ち。
その時点で一番お金が欲しい時です。
もちろん正規消費者金融では借入れが出来ず、審査が甘い中小消費者金融でもなかなか審査が通らない。
単に、借金が返済できないのであれば、債務整理をすることで生活ができますが、借金がかさみ仕事もままならない、もう自暴自棄になってしまう場合もあります。
そんな精神状態で、お金の借りられるところを探してしまうと闇金に行くことが多いです。
何と言っても、だれでも借りられるフレーズがたまらなく、誘われるように吸い込まれていきますが、返済ができないと地獄です。
金利は高いですし、自分だけではなく、家族や勤務先、親戚までも巻き込むことになります。

 

もし、借金を作ってしまい、返済ができない状態なら、債務整理ですが、弁護士に相談することもできない場合は、自治体に行きましょう。
福祉関係では相談にも対応していますし、生活の立て直しもできます。
たとえ借金がギャンブルなどの遊興費であっても、借りたものを返済できないままで入ることは絶対にしてはいけないことです。
甘い言葉の金融業者には手を出さないことです。

 

最近個人間融資で融資をしてくれたと言う口コミもありますが、ここも危険です。
金融業者であることも多く、そのほとんどが闇金であり、個人だとしても高い金利をふっかけてくることが多いです。
自分は生活困窮者であり、ここでの借りたお金も返済できそうもないというと、当然貸してくれないかと思ったら、それでもいいから貸してあげる、ただしすぐに返済を迫ってくる。
個人間融資はそんな内容ですから、本当にお金がない助けてという場合には、安易なインターネットの情報は頼りにせず、自治体が妥当なのです。

関連ページ

個人間融資、こんな方は利用しない方が良い
個人間融資でお金を借りようと言う方は、消費者金融からキャッシングができない方が多いです。ブラックリストの方ばかりではなく、消費者金融での審査対象にならない方もいます。それは無収入、専業主婦、職業として認められないなどです。
とりあえず自治体に相談も視野に入れて
消費者金融やキャッシングなどの知識がない方は、お金がない、生活困窮者の場合自治体などに相談するでしょう。生活保護を受ける手続きをすることが望ましいでしょう。しかし、散々借金を作り、消費者金融も銀行カードローン審査に通らない方で、まだお金の援助がほしい方もいます。
インターネットで稼ぐ?
個人間融資、カンパ、口座番号公開。ぼくはお金がないので、ここに振り込んでくださいとか、貸してほしいですという、お金で助けてほしいというサイトはいろいろです。募金の言い方もできますが、平たく言えば乞食です。何もしてあげられないけれど、あなたの善意で私の命を救うのです、100円でも良いから、そんな切実な内容もあります。