個人間融資 利用しない方が良い

個人間融資、こんな方は利用しない方が良い

個人間融資でお金を借りようと言う方は、消費者金融からキャッシングができない方が多いです。

ブラックリストの方ばかりではなく、消費者金融での審査対象にならない方もいます。
それは無収入、専業主婦、職業として認められないなどです。
消費者金融では、審査に過程で在籍確認があります。
これは、勤務先に確かに勤めていると消費者金融で電話などで確認することですが、水商売やお手伝い程度で、在籍確認ができないだけで、審査に通らないのです。

 

そんな方たちにとって、どうしてもお金がほしい方の個人間融資ですが、非常に危険な内容となっています。
ここで言う方たちは、消費者金融の審査に通らない方だけです。
銀行カードローンなら、安心して審査も通るとされているのですが、何故か個人間融資に行ってしまう。

 

面倒な審査も無いし、なんとなくラインでも盛んに行われているからいいかなと思う方も少なくないです。
個人間融資は、お金貸して、助けてと書き込みをするだけで良くも貸してあげると言う方からの連絡をまったり、自分から書き込みをします。
そこでも具体的な交渉になりますが、メールや電話などで、口座番号などを教えたり、返済の話をして、話がまとまれば交渉成立です。
個人間融資の利息はその場で決まるもので、多少高いのは仕方のないことかもしれませんが、中には暴利な場合もあります。
もちろん断っても良いです。

 

返済ができる能力があるのに、この基準のない交渉はとてももったいないことです。
というのも、個人間融資では、低金利はありえないとされているだけではなく、闇金が混じって入るとの口コミも多いです。
闇金は、無謀な返済を迫ることから、別の方法の借り方をすることをオススメします。

 

専業主婦であれば、過去に金融事故がなければ銀行カードローンが有利です。
在籍確認ができない方であり、金融事故がない方は消費者金融などで、在籍確認が電話以外のことができるかを相談してみてください。
給与明細やその方が働いていることさえ証明できれば、借りれないことはないかもしれません。
ラインで手軽な個人間融資も簡単そうですが、返済にかかる利息が高いと予想されることから、一応諦めないことです。
ブラックリストではない方は、正当方法での借り方があるはずです。

関連ページ

とりあえず自治体に相談も視野に入れて
消費者金融やキャッシングなどの知識がない方は、お金がない、生活困窮者の場合自治体などに相談するでしょう。生活保護を受ける手続きをすることが望ましいでしょう。しかし、散々借金を作り、消費者金融も銀行カードローン審査に通らない方で、まだお金の援助がほしい方もいます。
生活困窮者の個人間融資は無謀な行動
最近は、生活困窮者で生活保護の受給者が増加していますが、原則的に借金ができないことになっています。それでも、影に隠れて、街金などの審査の甘い消費者金融での借入れをしている方もいます。見つかれば、生活保護は切られます。
インターネットで稼ぐ?
個人間融資、カンパ、口座番号公開。ぼくはお金がないので、ここに振り込んでくださいとか、貸してほしいですという、お金で助けてほしいというサイトはいろいろです。募金の言い方もできますが、平たく言えば乞食です。何もしてあげられないけれど、あなたの善意で私の命を救うのです、100円でも良いから、そんな切実な内容もあります。